兵庫県朝来市

*参考資料  『日本城郭体系』 『図解 近畿の城郭』T〜W

*参考サイト  城郭放浪記

諏訪城(朝来市山東町大月1778−1)

*鳥瞰図の作成に際しては、 『図解 近畿の城郭』Tの図を参考にした。

 諏訪城は、城の腰池の東側にそびえている比高20mほどの独立台地に築かれている。案内板も何もないのだが、城の入口は東側の下にある。東側の下を通っている道路を進んでいくと、獣除けの金網柵の入口部分が見えてくる。これをはずして進入していくのである。これに面した道路は交通量が少なく、道路幅も広いので、しばらく車を停めておいても大丈夫であろう。

 柵の先には道が付けられている。それを少し上がったところに墓地があるので、この道はそのためのものであろうか。しかし、道はさらに続いていく。その先の右手には切岸構造が見えている。

 そこから登城道は、竪堀状に切り通された通路となり、2郭の下まで登っていく。単純な構造ながら、側面の腰曲輪や正面の2郭城塁からの攻撃にさらされるルートである。ここから上に郭が配列されており、南側から1郭、つなぎの郭、2郭というように並んでいる。2郭下の腰曲輪を進んでいくと、腰曲輪の側面部に石垣が見られた。

 2郭の南側は堀切になっている。そこから一段上にテラス状の小郭があり、その上が2郭である。こうしてみると、このテラス状小郭は出枡形だったものと思われる。しかし、2郭には特に技巧的な虎口は見られない。

 2郭は城内最大の郭であり、長軸50mほど、三角形に近い形状をしている。西側に土塁を配置しているが、それ以外にはそれほど目立ったものはない。しかし、南側の堀切は西側に竪堀となって落ちていき、その途中から横堀が2郭城塁の西側に沿って掘られている。その先には竪堀が何本か掘られている。

 2郭南の堀切の南側にあるつなぎの郭は、東西2段構造をしており、その北側が浅い堀切のようになっている。この南端にも堀切があり、1郭の城塁と接している。高さ8mほどの鋭い城塁である。

 2郭側から1郭への登城道は付けられておらず、1郭に登るためには南側の腰曲輪まで回り込む必要がある。その途中には極めて技巧的な構造物が見られる。1郭西側下の腰曲輪沿いには多数の竪堀が入れられているのである。竪堀の上には畝状阻塁が置かれている個所もあり、1郭城塁から竪堀が落ちている個所もある。竪堀は途中で折れ、虎口状になっているものもあるが、たいがいは下の池まで落ちて行っている。帯曲輪の上から見ると、竪堀の先の池の表面に日光がキラキラと反射してきれいであった。

 このように、北側から1郭の虎口に向かうルートには多数の竪堀などが入れられており、そう簡単にはアクセスできないようになっているのである。

 諏訪城の主要な郭は2つだけであるが、その周辺には技巧的な構造が見られる。丹波市の朝日城と同様、単に在地領主の居城といった性格の城ではなく、明智勢力が陣城として改修した可能性の高い城郭の1つとみるのがよさそうである。

 諏訪城の城主等、歴史については未詳である。そういったことからも、在地領主の城ではなく、一時的に取り立てられた陣城といった可能性が高いというべきだろう。







城への入口。金網を開けて中に入っていく。比高20mほどなので、すぐに登れる。 切り通しの通路。
2郭城塁。 腰曲輪の石垣。
2郭南側の堀切。 2郭内部。
2郭西側の横堀。 同じく竪堀。
1郭北側の堀切。 1郭の西側には何本もの竪堀が見られる。
同じく竪堀。 同じく竪堀。その先に池が見えている。
1郭内部。 石垣。
 




糸井陣屋(朝来市和田山町寺内142−3)

 糸井陣屋は、和田山郷土歴史館と糸井こども園のある微高地に築かれていた。というわけで、和田郷土歴史館を目指して進んでいく。すると、歴史館の入口に石垣と白壁があるのが目に入ってくる。この手前が駐車場となっているので、ここに車を置いて歩いていく。

 郷土資料館とこども園のある100m×50mほどの長方形の区画が陣屋跡である。陣屋の東西と南面には石垣が構築されており、特に南側は高さ4mほどの石垣となっている。陣屋の背後は一段高くなっており、わずかな段差の身によって区画されている。

 陣屋に隣接する東側にも石垣囲みの区画が見られるのであるが、どこまでが遺構なのかよく分からない。この辺りには石垣の構築技術が普通に伝えられていたのか、後世の石垣もあちこちに積まれているようなののである。




 糸井陣屋は、京極高門によって築かれたもので、京極陣屋とも呼ばれる。寛文8年(1668)、豊岡藩主であった京極氏から2000石の分地を受けた高門は、この地に陣屋を営んだ。以後、陣屋は明治維新まで存続し、廃藩置県後は、小学校敷地となっていたが、現在では廃校となり、歴史館が建てられているというわけである。














糸井陣屋の石垣と復元された白壁。すぐ真下が駐車場となっているため、停まっている車が写真に入ってしまう。 石垣に緩やかな折れがある。左側の先が現存する陣屋門。
石垣と塀を別角度から見たところ。 歴史館の前になぜか復元されている前方後円墳。脇には石室も展示されている。
現存陣屋門を正面下から見たところ。 西側側面部の石垣。