兵庫県香美町

*参考サイト 城郭放浪記  山名氏資料館

村岡藩陣屋(香美町村岡区村岡御殿山公園)

*広島の秋山さんに依頼されて、秋山さんから頂いた図と、山名氏資料館に掲載されていた明治元年の「村岡藩陣屋図」とを基にして描いた鳥瞰図。この城にはまだ訪れていない。


 村岡地区にかる御殿山公園が村岡藩陣屋の跡である。




 村岡藩は山名氏の陣屋である。山名氏と言えば室町時代初期には、一族で11か国を支配し、六分の一衆などといわれた大族であったが、戦国期になると次第に没落していって、ほぼ無禄に近い状態になっていた。

 秀吉の御伽衆となっていた山名豊国は、関ケ原合戦では東軍に所属し、戦後但馬で6700石の所領を得た。その頃には山名宗家も滅亡していたため、但馬山名氏が、山名氏の本家ということになった。近世に支配層として生き残ったのは、但馬山名氏だけであった。

 当初の陣屋は福岡に置かれたが、文化3年(1806)、8代山名義方の時に陣屋を尾白山(お城山? 今の御殿山公園)に移し、以後はこの陣屋を本拠として明治維新に迎えることとなる。

 明治7年に陣屋は取り壊されたが、明治元年の古絵図には、陣屋の建物なども描かれており、当時の雰囲気を知ることができる。






























































大竹屋旅館