兵庫県神戸市

*参考資料  『日本城郭体系』 『図解 近畿の城郭』T〜W

*参考サイト  城郭放浪記

淡河城(上山城・神戸市北区淡河380)

*鳥瞰図の作成に際しては現地案内板および『図解 近畿の城郭』を参考にした。

 淡河城は、道の駅淡河の背後にそびえる比高30mの台地に築かれており、地図などにも掲載されている。北西側の台地下から接近すると途中に「←淡河城」という案内表示があり、それに従っていけば台地上に上がっていける。城内には稲荷神社が祭られているので、これを目印にしていってもよい。

 車で城の入口まで行くこともできるのだが、道幅が狭く運転は難しい。小型車でないとかなり苦労しそうである。

 入口に行くと、左右に幅・深さともに10mほどもありそうな堀がある。ただし、左側はヤブになってしまっていて、形状把握は困難である。

 入口の右手が「天守台」とも呼ばれる大きな土塁となっている。ここに上がって行くと淡河城址と刻まれた大きな石碑があり、その奥に稲荷神社が鎮座している。

 この北側が1郭である。1郭は長軸100mほどもあり、東側の端には櫓が復元されていた。それほど大きなものではないが、北東側の山麓からも見えるようであり、これを見ればここが城址であることが誰にでも理解できるであろう。

 城の南側には白壁が廻らされているところがある。何だろうと思って接近してみると、そこは淡河氏の墓所であった。なんでもここにかつては竹慶寺という寺院があったとのことであるが、移転してしまったのか、現在では墓地だけが残されている。

 これだけのものである。淡河城籠城戦の際にはここに500人の兵が籠っていたというが、これではたいした人数が籠城することは不可能である。どうしたものだろうか?

 『日本城郭体系』所収の図を見てみると、実際には城域はもっと広大なものであったようだが、後世の開発によって1郭以外の部分は破壊されてしまったようである。

 本来は、1郭の入口に丸馬出しのようなものがあり、南の丸、二ノ丸、西の丸の3つの郭があり、南側の台地続きは堀と土塁によってしっかりと区画されていた。そんなわけで、現在の航空写真に『城郭体系』の図を当てはめた復元図の描いてみた。

 また、北側の台地下にも郭があり、そこに大手門が設置されていた。これなら500人以上の兵員でも籠城することが可能であったろう。


神社入口。両脇が堀。右側が天守台である。 虎口北側の堀。ヤブだらけでよく分からない。
天守台の上に建てられた城址碑。 その先には稲荷神社もある。
東端に復元された物見櫓。 城内。西側には高土塁がある。
南側の堀跡。かつては水堀であったようだ。 その南側にある淡河氏の墓所。
 鎌倉時代の貞応元年(1222)、淡河地域は副執権北条時房の所領となり、その家臣であった右近将監成正が派遣されてきた。北条時房の子孫は後に淡河に居住するようになって淡河氏を名乗ることになった。

 南北朝時代、淡河氏は後醍醐天皇側に付いていたため、赤松円心によって攻撃され落城した。しかし、その後も淡河氏が城主であったようなので、淡河氏は降伏して赤松側に寝返ったか、一族で足利方に付いていた者がいたのであろう。

 室町時代になると当地域は赤松氏や山名氏の領国となっていったが、それらの勢力の間で淡河氏は相変わらず淡河城を拠点としていた。

 文明18年、別所則治が三木城に入り、三木を中心として当地域一帯に勢力を延ばしていくと、淡河氏も三木氏に所属するようになっていった。

 天正年間、三木氏は一度は織田方に属していたが、天正6年2月、別所長治は毛利氏と結んで反旗を翻し、羽柴勢との攻防戦が開始される。淡河城も羽柴方に包囲されたが、城主淡河定範は、城中から牝馬を放して討って出で、そのまま三木城に入城していった。

 淡河氏の後、淡河城は羽柴方の有馬則頼に与えられた。有馬氏というのは九州にもいてややこしいが、この有馬氏は有馬温泉一帯を出自とする一族で、織田軍の播磨侵攻の際に羽柴方となった人物である。有馬則頼は、淡河で3200石を与えられた。

 その後の有馬則頼は、小牧長久手の合戦、九州征伐等に従軍し、加増されて1万5千石の大名となった。また次男の有馬豊氏は、別に独立大名として所領を得ている。

 則頼のエピソードとして知られているものに、本能寺の変の後の清須会議の際に、柴田勝家らに暗殺されそうになった秀吉の警護をしたというものがある。

 慶長5年の関ケ原合戦の際、有馬氏は三田に加増転封となったため、淡河城はこれ以後廃城となった。

 慶長7年、則頼は70歳で病没し、遺領は有馬豊氏が相続する。豊氏は後に久留米21万石の太守となっている。