島根県飯南市

*参考資料 『日本城郭体系』

*参考サイト 山城攻城記

瀬戸山城(飯南町大字下赤穴)

瀬戸山城の位置はここ。

*広島のAさんからの依頼で、Aさんからいただいた図面をもとに作成した鳥瞰図。この城にはまだ訪れていない。

以下、山城攻城記より引用

出雲、石見、備後国の境界に位置する。出雲国へ、天文十一年(1542)に大内義隆、永禄五年(1562)には毛利元就が攻め込んだ時の主戦場として
知られる。
赤名氏歴代の居城とされるが、現在残る遺構は近世初頭の総石垣の城郭である。
主郭は最高所と考えられるが、石垣は「破城」によって破壊されている。特に街道に面した石垣は完璧に破壊されており、根石も確認出来ない。
その他の面は石垣のコーナー部が数か所確認出来る。
主郭の南方に連なる郭にも石垣が築かれているが、これらは上部の破壊にとどもあっている。
虎口は数カ所で確認出来、特に主郭南側の虎口は城門がたてられていたものと考えられ、敷石が残存する。
城域の端の方に普請の不十分な遺構を見ることが出来るが、これは改修強化の際、城外として放棄されたもので、赤名氏の時代の遺構とも考えられる。
麓の小学校敷地は居館の跡と考えられる。
最終改修者は堀尾氏と考えられ、現集落の各所に近い近世城下町の痕跡を見ることが出来る

島根県教育委員会『島根県中近世城館跡分布調査報告書』より引用


歴史
1337年頃 赤穴常連によって築城が開始され、歴代の赤穴氏の居城となる
1542年   大内義隆率いる四万の出雲遠征軍(陶氏、毛利氏ら)に包囲される
       尼子、赤穴連合軍は神戸川を堰き止め、城下を湖水化し、籠城を挑んだ が結局敗れて開城する
1563年  広瀬月山富田城(尼子氏)攻略を企てる毛利元就が赤名へ侵攻。
      瀬戸山城(赤穴氏)は毛利軍が布陣した武名ケ平城と対峙。赤穴氏は後に毛利氏に属する
1600年  関ケ原の戦いの後、松田左近将監吉久は、堀尾吉晴から瀬戸山城を賜る。
      吉は城番として入城し、石垣と天守閣をもった近世城郭への改修と城下町赤名の移設を行う
1615年以降 一国一城令の発令後も城番が派遣されていたが、しばらくして廃城となる。
       「破城」と称し、堀を埋め、石垣を壊すなど意図的な城郭機能の破壊が行われた





































大竹屋旅館