鳥取県琴浦町

*参考資料 『日本城郭大系』

*参考サイト 山城攻城記

船上山行宮所(琴浦町山川)

*広島のAさんからの依頼で、Aさんから頂いた図を基にして描いた鳥瞰図。この城にはまだ訪れていない。

 船上山行宮所の場所。


*以下は山城攻城記より引用。

城名:船上山行宮跡

別名:船上山城

標高:675m

比高:420m

築城年:不明

城主:後醍醐天皇がこの場所で籠城している。

場所:鳥取県東伯郡琴浦町大字山川

北緯:東経:35.428335/133.591488



船上山行宮

船上山(標高615.6m)は、勝田ヶ山・甲ヶ山・矢筈ヶ山に連なり約100万年前の古期大山火山活動で形成された山である。

特に比高100m以上の屏風岩といわれる柱状節理による絶壁は四季を通して美しい。

古来より大山寺・三徳山とならび山岳仏教が栄えた地として知られ。

平安時代前期に金石寺が創建された。この寺の梵鐘が国宝として福岡県早良町の西光寺に現存する。

そして建武新政前夜の元弘3年(1333)閏2月28日に後醍醐天皇は名和長年に奉ぜられ、金石寺に入られ3日間の合戦で北条勢を破り、その後、奥の院北側に仮宮が造営されたと推定し、船上山に約80日間行在された。

その後の金石寺の変は不明である。

そして、室町時代後期の享禄3年(1530)に智積寺が創建された。

しかし中世の戦乱により安土桃山時代末期には船上山三所権現(現船上山神社)を残して凡ての寺坊は山下に離散した。

現在智積寺は以西の竹内にある。

琴浦町教育委員会。



城の概要

元弘3年(1333)関2月から5月に置かれたとされる後醍醐天皇の行宮所の特定はできていないが、船上山は平安時代以来の山岳仏教の聖地であり、現在見られる土塁と虎口は大山寺末寺の僧坊跡と推定される。

国指定史跡。

『鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)』より引用。



城の歴史

元弘3年(1333):名和長年がこの地で後醍醐天皇を迎い入れる、そして来攻してきた幕府軍を撃退する。 

大永4年(1524):尼子経久が伯耆攻略(大永の五月崩れ)の際には一山焼失したと伝えられる。

天正8年(1580):羽衣石城攻略の為に、吉川元春が「船上」に陣を布く。

16世紀末:豊臣秀吉が寺領を没収するにあたり、僧侶は四散して没落していく。 




八橋(やばせ)城(琴浦町八橋)

*広島のAさんからの依頼で、Aさんから頂いた図を基にして描いた鳥瞰図。この城にはまだ訪れていない。

 八橋城の場所


*以下は山城攻城記より引用。

城データ

城名:八橋城(やばせじょう)

別名:大江城、大江ノ城

標高:15m

比高:12m

築城年:不明。

城主:行松氏、吉田氏、杉原氏、南条氏、中村氏、市橋氏。

場所:鳥取県東伯郡琴浦町大字八橋

北緯:東経:35.503548/133.673018



八橋城跡

(昭和49年5月1日指定)

この城山は山陰線の開通により分断されたが八橋城跡である。

中世、行松氏の居城で大江城とも号した。

大永4年(1524)、ここを攻略した尼子経久は、城番として吉田左京亮を置いて伯耆支配の拠点とした。

その後、尼子氏を滅ぼした毛利氏は、杉原盛重に城を守らせた。

天正年間に入り、織田氏と対決するようになると、八橋城は山陰でもの毛利勢の中心拠点として重要視され、城の整備が進められた。

「伯耆民談記」によれば、東に大手を構え、本丸と二の丸があり、周囲に堀を巡らせていた。

豊臣治下では南条氏が領有したが、関ヶ原の合戦後の徳川治下で一時期、中村氏、市橋氏が封ぜられた。

元和3年(1617)、池田光政が鳥取藩主になったとき、一藩一城制で廃城となる。

寛永9年(1632)池田光仲入国後、津田氏が八橋を領有し、以後明治維新まで陣屋をおいて治めた。

津田氏の菩提寺体玄寺(南西200m)の西丘陵上に津田家の墓所がある。雄大な墓碑11基が往時をしのばせている。

平成16年9月 琴浦町教育委員会”



城の概要

JR八橋駅の西側丘陵が八橋城となる。郭は西側に本丸、東側に二の丸を配し、かつては、その下にも郭があり、東側に大手門、周囲に濠が巡っていたとされる。

八橋城は室町時代に西伯耆で勢力をもっていた行松氏が築城したが、伯耆に進出した尼子氏により、吉田左京亮が入城している。

毛利氏の支配下となってからは、伯耆経営の拠点として八橋城が重視され、杉原盛重が入城している。

江戸時代以降は、中村氏が伯耆一国を領有した際に中村一栄が城主となり、その後、市橋長勝が封ぜられている。

しかし、元和3年(1617)に池田光政が鳥取藩主となったおりに一国一城制となり、八橋城は廃城となった。

『鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)』より引用。



八橋城

八橋城は国鉄山陰線八橋駅のそばの東伯町八橋にある丘にあったが 南酒井飛行士遭難碑が頂上に建っている。

古くは大江城と呼び 行松左衛門尉正盛入道以来、行松氏累代の居城であった。

大永四年(一五二四)、尼子経久に攻略され、尼子氏の部将吉田肥後守の舎弟吉田左京亮の居城となり、吉田氏が近郷を支配した。

しかるに、左京亮が尼子氏の先手として備中攻めの最中に、備中成輪の城主三村修理亮家親と戦って討死したので、その子源四郎が跡を継いで八橋城を守った。

幼君源四郎を守護する家臣らにとって、法勝寺に進出した毛利方の三村家親の存在は危険このうえもない存在であったが、三村氏は援軍を得て吉田方の機先を制して二千余騎をもって八橋城に攻撃をかけてきた。

時に永禄八年(一五六五)九月三日で、炎天下の攻防は激烈をきわめた。

戦闘時間を無益に長びかすことは不利とみて、城兵八十余騎は源四郎を中心に城門を打ち開き、一団となって出た。三村勢はその勢いにひるんだのでこれを突破し、尼子氏の本城月山富田城へ帰投した。

その後、吉田氏は尼子氏の助けを得て、たびたび八橋城へ押し寄せたが、ついに 奪還することができなかった。

ついで、八橋城は毛利氏の勇将杉原播磨守盛重の領有するところとなった。

盛重は尾高城に嫡子弥三郎元盛を置き、みずからは当城にあって羽衣石城南条氏の押さえとなった。

天正九年(一五八一)、盛重は八橋城において病死したので、次男景盛が八橋城に在城した。

景盛は父盛重没後の知行の配分に不満をもち、兄元盛を殺害したので、同十年初夏、吉川元長の攻撃をうけ自対した。

その後、豊臣秀吉と毛利氏との和睦が成立したので、当城は南条元続の持城となり、備前守元信が城番となり、のち山田越中・正寿院らが城番を勤めた。

慶長五年(一六〇〇)、関ヶ原の戦ののち伯耆一国が中村一忠の領国となると、 八橋城には一忠の叔父彦右衛門一栄が三万石をもって封ぜられたが、同九年ここで病没した。

同十四年、中村一忠が早世し、翌十五年には市橋下総守長勝が 入って二万三千石を領した。

ついで元和三年(一六一七)、池田光政が因幡・伯者を領すると池田河内長明が当城に入り、ェ永九年(一六三)、池田光仲が備前より入封すると津田将監元匡が八橋城を領し、以後代々伝えて幕末に及んだ。

東を大手としており、「本丸高さ二十六間、境地南北三十二間、東西二十三 間、めぐり八十七間、南の隔に井あり。二の丸は本丸より東につづき下き事三 間、東西二十七間、南北二十三間、東にむかって門の跡」があると、『伯耆民 談記』には記されている。

しかし、国鉄山陰線の開通によって城跡は南北に縦断され、南半分は切 られて昔の面影を失っており、わずかに石垣を残しているのみである。

『日本城郭大系』14より引用。



城の歴史

室町時代:行松正盛によって築城されると言われる、行松氏の居城であったとされる。

大永4年(1524):大永の五月崩れにより、尼子経久に攻められて行松氏は逃れる、代わりに尼子家臣の吉田左京亮が入城する。

天文年間(1532〜55):播磨国で三村家親と戦い討死とされ、家督は子の吉田元重が引き継ぐ。

永禄8年(1565):毛利軍の来襲により吉田元重は城を脱出して月山富田城に落ち延びる、その後、城主は毛利方の杉原盛重になる。

天正8年(1580):南条元続が当城を攻撃する。

天正9年(1581):杉原盛重が病没し、次男の景盛が城主として在城する。

天正12年(1584):毛利と豊臣の和議により、この地が南条のものとなり、城主も南条氏となる。

慶長5年(1600):関ケ原の戦いで南条氏が改易され、代わりに中村一忠が入部する、一族の中村一栄が3万石を知行し城主となる。