久知城と両津市南部の城

 

*参考資料  『新潟県中世城館等分布調査報告書』 『日本城郭体系』 『佐渡古城址』 

 

久知城(馬坂城・両津市城ノ腰)

 久知城を東側の台地先端部の方から鳥瞰してみた。先端の中枢部以外にも、町屋を取り囲んだ外郭分を持ち、佐渡では最大級の城郭の1つであった。図の二の堀と三の堀との間の区間が外郭部で、この部分は200m×400mほどある。

 久知城は、馬坂城ともいい、戦国期佐渡の4大勢力の1つであった久知本間氏の居城であった。久知本間氏は応安二年(1369)に、雑田本間氏から分かれて久知の地に入部したといわれる。

 この本間氏に関しては『久知軍記」』という佐渡で唯一の戦国期の軍記物が残されている。それによると、久知城の本間氏は佐渡の全制覇を目指して、河原田本間氏や雑田本間氏らと戦いを続けたという。ところが、天文6年(1537)、隣の潟上本間氏を戦いを始めた際に、潟上支持した雑田本間氏を中心とする国仲連合軍に攻め寄せられ、城は落城、城主らは南部の片野尾まで落ちて行き、ここで10数年の籠城生活を送った。

 天文21年、期を見計らった久知本間氏は、軍勢を率いて北上、河崎の地に新城を築いて戦い、再び久知城を奪回した。以後、天正17年、上杉景勝の佐渡攻めで落城するまで、久知本間氏の本拠地として次第に拡張されてきたと思われる。


 久知城はその名も「城の腰」と言われる集落一帯を城域としていた。前からこの近くを通るたびに「いつかちゃんと見てみよう」と思っていた。この城は佐渡では有数の城なので、どうせ見るなら時間をかけてきちんと見ようと思っていたのである。しかし、それが災いした。そのうち行こうと思っているうちに、この城は破壊されて、野球場や公民館などの市の施設が建設されてしまった。慌てて行った時には、城の遺構はあらかたなくなってしまっていたのである。『城郭体系』と『佐渡古城史』の両方に図面が残っているので、だいたい復元することはできるのだが、現状と照らし合わせることはできない。

 佐渡も観光に力を入れているのだから、こういう歴史的のはっきりした城を整備して残せばいいのに、金山などには力を入れていても、城址に関しては、とんと関心が薄いようである。見事に破壊されてしまった。付近を歩いてみたのだが、もうどこがどこやら分からなくなってしまっていたのであった・・・・・。

 しかし、後で地形図をよく見ると台地の先端部は宅地になってはいるが、残っているように見える。地元の人が「城はなくなったよ」というので鵜呑みにしていたのだが、何か遺構が残っているかもしれない。次に佐渡に行ったときに確認してみたいと思う。





 東側の海岸部の方から城址一帯を見てみた。手前の水田地帯はかつては沼沢地で、天然の要害となっていたと思われる。

















 野球場の脇には一段低い畑が一直線に続いている。おそらくこれが三の堀の跡ではないかと思われる。幅10m近くあり、かなり幅広の水堀であったのではないだろうか。















 野球場の脇に残る土手。手前の道路は堀跡だと思われることから、土塁の名残であろうか。改変がひどすぎてなんだか分からん。別にここに野球場を造らなくても、他にも土地はいっぱい余っているだろうに・・・・。

















 これが殿墓。古い五輪等がたくさん並んでいる。この写真奥の方にも古いのがいくつもある。たくさんありすぎて、どれが久知本間氏の墓なのかさっぱり分からない。が、まあ、この辺りなのかな。こういうのもきちんと案内をつければ観光資源になると思うんだけどなあ・・・・。
















河崎城(両津市河崎)

 河崎城は、河崎地区の北側の海に突きだした比高15mほどの台地上にあった。台地上は田畑となっているが、この台地の付け根部分は深い谷になっており、これが城内とを区画する堀として用いられていたものであろう。

 天文年間、羽茂本間氏と河原田本間氏の連合軍に敗れた久知本間氏は、久知城を捨て、いったん両津市最南端の片野尾まで逃げ籠城した。そこで勢力の回復を待ち、10数年後、再び北上。この河崎城を築いて、再び久知城の奪回に努めた。そして城を取り返し、元の地位に返り咲いたという。












河崎土塁(両津市河崎)  

 河崎浜の海岸沿い、久知川の河口から真更川の河口にかけて南北に築かれた土手で、かつてはこの脇を旧道が通っていた。地元の伝承では、「久知の殿様が敵の襲来に備えて築いたもの」ということになっている。



片野尾城(両津市片野尾)

 片野尾には城が鼻と呼ばれる海に突出した台地がある。ここが片野尾城の跡と言われているところである。河崎城の項で述べたように、久知城を落とされた久知本間氏は、ここで10数年にも及ぶ籠城生活を送ったという。

 片野尾の地にはもう1つ伝説がある。南北朝時代、幕府転覆を謀ったかどで、日野資朝は佐渡に流され、本間氏の手によって幽閉されていたが、父資朝を救出するため、はるばる都から息子の阿新丸(くまわかまる)がやってきたが、すでに父は処刑されてしまっていた。怒った阿新丸は壇風城に忍び込み、本間三郎を刺殺して逃げた。

 追手の追及が厳しく、阿新丸ももはやこれまでかと観念しかけたが、紀州熊野の山伏大膳坊がこの窮状を見かねて、この地から船に乗せ脱出させたやったという。この話は現在も浄瑠璃として語り伝えられている。

 『新潟県中世城館等分布調査報告書』では片野尾神社のあるところが片野尾城の跡であるとしている












 

住吉城(両津市住吉)

 住吉は両津港の南側の丘陵地帯で、住吉温泉がある。この丘陵地帯は久知へと続いているもので、比高10mほどの緩やかなものである。東南1kmの所に久知城があり、久知殿との関係が考えられるが、実際には住吉殿は潟上本間氏の分家であったという。

 永正16年(1516)病にかかった潟上本間秀盛は、住吉の地に隠居して写真の曹洞宗瑞芳寺を建立したという。さらに次男の維秀に住吉城を築かせたという。

 城はこの寺院の背後の台地上で、2本の空堀によって区画された二郭がある。

 『久知軍記』によると、住吉殿は潟上本間氏とともに、久知本間氏と何度か戦っている。






真更(まさら)城(真木城・両津市真木字城の上)  

 久知本間氏配下歌(雅楽)氏の居城であるかと言われる。河崎神社の上の台地であり、水田や畑になっているが、空堀等が残っているという。
























大竹屋旅館