目黒町城(畑野町目黒町)

 目黒町地区の北側の水田地帯には、比高5mほどの微高地が存在している。これが目黒町城の跡であるという。ほぼ円形の郭で、上は一面の畑となっている。図の4の部分である。中学校時代、この近所に住んでいる私の友人が案内してくれたのだが、ここが城址で、脇にある洞穴は城の抜け穴であったという話をしてくれた。

 しかしそれに隣接する半島状の部分にも堀切や土塁がみられ、むしろ城の本体はこちら側ではなかったかと思われる。3連郭の城であり「みつが城」という地名が残っている。またその他にも「城の腰」「城の下」「堀」「馬場」「殿屋敷」といった関連地名が残されている。

 目黒町にはこれと西殿との2つの城館があるが、戦国期この地区は加茂渋谷氏と雑田本間氏との分割支配が行われていた地区であるので、2つの城の存在はそれに伴うものであると考えられる。


















 目黒町城は、雑太本間氏に属する土豪渡辺氏の城と伝えられている。湿地上に島のように浮かんでいる比高5,6mの台地上にある。台地は円形で、直径は100mほどあるが、現在は畑地になっている。

 台地上には、かつては堀で区画された三郭があったという。

















     


      

城の塁の脇には、「抜け穴」と呼ばれる穴がある。近所に住む友人は、「いざというときの脱出用の穴だ」と言っていたが、位置から考えてみて、実際はそんなものではなかったろうと思う。後世、作物の貯蔵用に掘られたものではないだろうか。写真は、「抜け穴」の入り口あたり。

















 目黒町西殿城は、県道171号がクランクする地点に築かれていた。50m×70mほどの単郭の居館であった。



























大竹屋旅館