南並木城(多古町南並木字城、あらし、新開)


 南並木城は、国道296号線の中村新田の信号のすぐ北側に見える、比高330mほどの切り立った台地上にあった。この台地は急傾斜のため、かなり崩落があったのか、周囲には崩落防止工事がなされている。栗山川に臨む台地である。

 南並木城の規模は大きい。外郭部も含めると、坂田城にも匹敵する巨城である。

 城の中心部は、南西端のその名も「城」という郭で、この郭は大きな空堀によって囲まれている。北と東側の土塁は高く、大きい。また、北側は二重の土塁と空堀で防御しているのが特徴の1つである。

 この中心部のほか、外郭部とも言うべき郭が存在している。2郭は「あらし」という小字名で、東南端に比高1mあまりの段差があり、2段に形成されている。また、3郭は、「新開(しんぴらき)」と呼ばれている所で、後で開墾、あるいは城を拡張した所であるらしい。もしかすると近年開墾されたものなのかもしれないと思って、地元の何人の方に伺ったが、物覚えがついてから地形は変わっていないということであった。字名が違うので、便宜上2郭、3郭としているが、この郭の間には堀などの区画は見られない。

 この新開の北側に、城内に上がってくる切通し道がある。この道の南側には(か)の空堀がある。この堀の西端の土が盛り上がっており、せき止められたようになっている。おそらく「新開」の畑地の耕地整理が行われた際に、途中まで埋められたものではないだろうか。また、新開の北西側は、比高差は低いが、台地基部との間に断絶が見られる。このようなことから、ここまでを外郭部と見てよいものと思われる。

 この城については村人と城の距離についてをご参照ください。















 南並木城を、「中村新田」の信号の所から遠望した所。かなり目立つ台地であり、眺望もすこぶるよく、城を置くのにふさわしい。この台地の東側をぐるりと回って、車で1郭辺りまで入っていくことも可能である。
















 1郭入口の二重土塁を北東側から見てみた。この土塁の右側が外側の堀。左側が内側の堀で、先が(あ)の虎口となっている。外堀は深さ3m、幅6mほど。内堀はさらに巨大で深さ6m、幅8mほどはある。

 この土塁はそのまま東側の2郭部分につながっている。これでは簡単に土塁上に侵入されてしまうので、おそらくかつては外堀が、さらに囲繞していて、土塁と2郭とを分断していたのではないかと想像される。













 分かりにくい写真だが、1郭東北部の土塁を、二重堀の間の土塁上から見たところである。この角の部分は東北に張り出していて、櫓台のように見える。堀もこの辺りでは幅が広くなっている。











 1郭内部の様子。南端辺りから北側の(あ)虎口を見たところ。右側の土塁が見える。右側は土塁が郭内からも高く、1.5m〜2m以上はある。虎口の左側には、木の陰になっているが、やはり土塁が延びているのがわかる(分からないかな・・・)。1郭の規模は歩測によると東西100m、南北126mほどである。1郭は北と東側はかなり防備が強力であるが、西と南はあまり造作がない。西にわずかな高さの土塁、南にちょっとした段差があるくらいである。もしかすると外周部は崩落してしまったのかもしれない。

 さて、1郭北の左側の堀についてだが、外側の堀はかなり浅くなっており、しかも途中で切れている。また、この堀のさらに北側にも、もっと浅くなっているが、堀の痕跡が見られる。土橋のような部分もある。ここはもしかすると、3重の堀と土塁があったのかもしれない。耕地整理をする際に、この部分がかなりいじられている可能性があると思う。しかし、地元の人に聞いたところでは、「さあ・・・」というばかりであった。埋められたとすれば、そうとう古い時代の話のようだ。













 1郭東南端の(い)の空堀。1郭の土塁上から南の方を見たところである。空堀の深さは6m、幅は10mほどある。この先は断崖である。郭内側に土塁の切れがあり、また2郭側にも底に降りていく切り通しの道がある。ここは堀を下って上がる虎口が形成されていたのかもしれない。

 また西側に平行して、短い空堀がある。この空堀の北側は西に曲がって延び、南端は竪堀のようになって落ちている。隣に虎口があることから、これと関連した遺構なのかもしれないが、先端が削られているようなのでよく分からない。













 これは「新開」北側の(か)の空堀。北側から見たところである。深さ6m、幅8mほどある。長さは20mほど。先の方は竪堀にはなっていない。先にも述べたが、この空堀が途中で断絶しているのは不自然である。これがもともとはもっと西側の方にまで延びて、外郭線を形成していたのではないかと思われるのである。

 この堀の下にも平坦地があり、ここが光明寺の境内となっている。光明寺からも城内に上がる道があり、2郭北側のお堂のある一段低いスペースを通って、上がっていくことになる。













 外郭線は北側で、幅30mほどの(き)の空間で分断されている。ここに外郭遺構が存在していたのではないかと思う。(き)の辺りは、右側の道の辺りでは郭内側で2mほどの高さしかないが、北側に行くにつれてしだいに深くなり、北端近くでは5mほどはある。写真がその北端近くの様子である。この辺りまでくると、斜面は切岸のように見え、やはりここが外郭ラインであったと思えるのである。

 新開の北西端近くには切り通しの道が2本、途中まで続いている。












 さて、南並木城をざっと見てみた。城としてまとまっているのは、1郭で、ここは二重の堀と土塁で厳重に守られている。ここが城主の居住空間であったと思われる。それに対し、「あらし」「新開」の部分は外郭ともいうべきスペースで、後に拡張されていったものであろう。特に「新開(しんぴらき)」という名称は、城を拡張していったことを示すものである可能性もあると思う。(単に近世に開墾されたと言うだけなのかもしれないが・・・・・) この広大な外郭部は何のための施設であったのか、いろいろと想像は膨らんでいく。これだけの城でありながら、城主も不明というのは不思議だ。地元の人の話だと、多古城の出城の1つであったらしいということであるが、実際、多古城に属した土豪の城館であったかもしれない。































大竹屋旅館