小川台場(相川町上小川)

 江戸後期になると、日本近海に多くの外国船が訪れるようになり、幕府は海防の必要から全国各地に台場を築いたが、佐渡も例外ではなかった。この時期佐渡には合計60カ所もの台場が築かれたという。そのほとんどは痕跡すら留めていないが、小川台場はほぼ完全な形で残されており、新潟県の指定文化財となっている。上小川の断崖上に高さ3mほどの土塁を築き、そこに大砲を置いていた。土塁は馬蹄型のまま、良く保存されている。





































大竹屋旅館