畑野町前浜地区

*前浜地区とは小佐渡南岸の一帯のことである。すぐ向かいには弥彦山など新潟の山並みを遠く望み見ることができる。この地域にもいくつもの港が開かれ、港の脇の山には必ずと言ってよいほど、港を押さえるための城が置かれていた。

*参考資料  『新潟県中世城館等分布調査報告書』 『日本城郭体系』 『佐渡古城址』 

多田城(畑野町多田字本城)

 

 

 畑野町の最南端、前浜と呼ばれる海岸地帯の中間点辺りに多田港がある。現在では、フェリーなどの便がないために寂れてしまっているが、中世には多田港は、交易の盛んな大きな港であった。その港を制圧するために置かれていたのが多田城である。

 城山は比高100mほどあり、ちょうど港を見下ろす位置にある。城主としては、羽茂本間氏に属した本間但馬という者の名が伝えられている。













 

河内城(畑野町河内字城ヶ平) 

 多田から小倉に向かう街道が山道に入る前に突き当たる所の向の標高120mの河内の山上から山麓にかけて展開している。両側に小川のある沢が入り込む崖上である。山上の郭の他に、山下に近い部分に平坦地がある。これが平素の居館であったのかもしれない。

 写真が先端部で、南に向かってかなり尾根が長く延びており、尾根の途中に民宿が一軒ある。

 多田城の支城で、本間半兵衛という者が城主であったという。下の街道を押さえるための城であろう。















松ヶ崎城(畑野町松ヶ崎字相馬屋敷) 

 松ヶ崎中学校の東側で、浦川の東北側の標高80mの山上にあった。山上には小規模な4郭と腰曲輪などがあり、山林、畑地となり、郭、空堀、土塁を残すという。海に臨んだ番城であったと思われる。

 写真は松ヶ崎の集落である。岬上のいかにも漁村といった風景である。この左手背後の山が城址となる。麓には村社があり、そこに「松ヶ崎駅跡」の標柱が建っている。この地は北陸街道の要衝であった。















    

丸山城(畑野町丸山字城ヶ山)

 丸山城は河内城の南方、河内神社のすぐ西側にある。河内城とともに小倉街道を押さえるための城であろう。やはり、多田城の配下の土豪の城であったと思われる。

 写真の比高60mほどの山が城ヶ山と呼ばれるところで、峰沿いに2郭が並んでいるという。



































大竹屋旅館