佐和田町の城址

*参考資料  『新潟県中世城館等分布調査報告書』 『日本城郭体系』 『佐渡古城址』 

上市野沢城(陣屋敷・上屋敷・佐和田町市野沢字土原)

 金井町と接する比高10mほどの低い台地上にあった。この台地は東西100m、南北340mほどあるが、これを空堀で区画して5郭ほどを構成している。主郭部の南には馬出し状の張り出しがあり、土塁も残る。畑野町の宮浦城とよく似た構造の城である。また、3郭には本覚寺がある。

 城主は伊藤七左衛門と言われている。伊藤氏の先祖は伊勢出身で、源頼朝に仕え、近江中将が佐渡に配流されたときに訪れて、佐渡に土着したという。

 後に伊藤氏は河原田本間氏に仕え、近世には相川金山の山師の一人となっている。
 













神田城(佐和田町石田字神田)

 川原田城の出城の1つ。二宮小学校の直ぐ北西で、川原田城からも北西に位置している。山田川沿いの比高20mの台地上にあった。

 南に突出した先端部に1郭があり、周囲を土塁が囲んでいる。この辺りは川原田城の重臣たちの居城が連なっているところで、東南には石田城、北西には永野城、山田城、北に村上城がある。 写真は石田川から神田城方面を見たところ。

 神田城は、河原田本間氏の一族神田越中照山の居城という。













窪田城(佐和田町窪田字坪の内)

 佐和田中学校の北西側の比高20mほどの台地上にあり、すぐ西には西窪田城がある。「垣の内」と呼ばれるところで、かなり古くから居館があったところであると考えられる。

 不整形の5つの郭が連格式に連なっているという。

 現在も城址に住む相田氏が城主であったかと思われる。宅地となっているが、郭、空堀が残るともいう。

 台地先端の写真の部分辺りが城址であると思われるのだが、はっきりとした遺構などは確認できなかった。

















下長木城(佐和田町下長木字宮ノ下) 

 下長木城は、ホームセンタームサシのすぐ東側の比高3mほどの低位段丘上にあった。70m×35mほどの単郭で、宅地や畑地となってかなり改変されている。

 古代、平地にあった館が、低位段丘上に作り直されたもので、戦国期になるとさらに要害性の高い台地上に移っていく。その過程上に築かれた城であると考えられる。

 戦国期には廃されてしまったものと思われる。


















鶴子(つるし)城(佐和田町田中町字城の上)

 五十里城のすぐ西側にあたる。比高20mほどの東南に突き出した台地上の先端部で、20×40mほどの単郭の城である。

 崖の途中に腰曲輪がある。また、台地基部の部分には土塁があり、その先には幅の広い空堀があって区画されていた。この空堀は現在ではあらかた埋められて、ここに稲荷神社が建っている。

 この西側には天満宮がある。現在は畑地となっている。

 鶴子といえば鶴子銀山で有名であるが、この城は銀山を押さえるための城であったのだとも考えられる。















西窪田城(池田民部屋敷・佐和田町窪田字立野)

 窪田の炭屋町の東北部の比高30mほどの台地上にある。2つの峰が並んだ特徴的な山並みである。このすぐ西側には五十里城があり、対峙している。

 台地上には「前立「後立」といった地名が残っている。「立」は「舘」で、城を示す古名であると思われ、かなり古い時代から城があったところであると考えられる。

 台地上には大小4郭があり、空堀や切通し通で区画されている。

 五十里の港を押さえるための城であったであろう。
















矢馳城(佐和田町上矢馳字城)

 乗福坊の裏の台地で実相寺の沢の西側の比高20mほどの台地先端部。段丘上に6郭が残る。50m×80mの主郭部を中心に、二の城、三の城、腰曲輪、家老屋敷、大木戸と配置されており、区画には空堀が用いられていた。河

 原田本間氏配下矢馳殿の城。城主は加賀次郎という者であったという。河原田城の東の防備の城であった。

















山田城(佐和田町山田字上ノ平)

 神田城など共に河原田城の支城網の1つで、高野地区の南の比高20mほどの台地の先端部にあった。主に2郭があり、先端の100×50mほどの郭は、「飯田殿の城」と呼ばれている。その北に「馬場」がある。2郭には「伊賀屋敷」「中屋敷」「忍屋敷」「殿内」の地名が残されている。

 宅地となっているが、郭、空堀が残るという。



































大竹屋旅館