佐和田町沢根地区の城址

*参考資料  『新潟県中世城館等分布調査報告書』 『日本城郭体系』

沢根城(佐和田町沢根)

 沢根城は沢根の集落の北端の、海岸線に突きだした断崖上にあった。海側からは写真のような断崖で肥前原城のような天然の要害地形に築かれている。

 地続きの部分には幅20mほどの堀の跡が水田となって現在も残っている。登城道を行くと、城塁が左手に見えてくる。現在一部耕地化されているが、だいたい旧態を留めている・・・・というのは1990年代の話であり、現在台地上は耕作放棄されており、ヤブがひどく、何が何だかまったく分からない状態になってしまっている。

 それでもAの付近の城塁は城郭らしさを残しており、土塁も残されている。しかし、全体形状はよく分からない。


 沢根城は沢根殿と呼ばれた沢根本間氏の拠点であった。沢根本間氏は本間氏を名乗っているが、本間氏の血縁ではなく、土豪的武士が本間氏の家臣団に組み込まれて、本間姓を名乗るようになったものであろうと推測されている。

 沢根本間氏は二見半島をその領地とし、鶴子銀山をも手中に収め、かなりの経済力を持っていたと考えられる。沢根城は、銀を積み込むための港の番城としての城でもあったろう。

 天正17年(1589)、沢根本間氏は潟上本間氏と共に上杉氏と結び、上杉景勝の佐渡攻めでは、上杉方の先方となった。上杉勢は沢根の浜から上陸し、浜伝いに進軍して河原田城を攻撃して落城させた。

 その後も沢根本間氏は当地支配を続けていたが、上杉氏の会津転封にともなって当地を去っていった。上杉氏家臣となって後は、本間氏ではなく、沢根氏を名乗るようになったという。


 もう1つ、沢根と言って思い出すのは、『甲陽軍鑑』がこの地で執筆されたということである。甲斐武田氏の軍記物である『甲陽軍鑑』が、なぜ佐渡で執筆されたのかというのが不思議であるが、武田氏滅亡後、春日弾正の子惣次郎が当地において執筆したと、その奥書に書かれている。





浸食された断崖。海側からの攻撃は不可能である。 北側の登城道。海以外の三方向には幅広の水田が巡らされており、これが掘りの機能を果たしていた。
Aの部分に残る土塁。










沢根元城(佐和田町沢根字上の山)

 沢根元城は、沢根集落の北西の比高20mほどの台地で、国道を挟んで沢根城と向かい合っている。

 永松寺、円福寺のある南端の郭をはじめとして、不整型な6郭ほどを配置している。

 城主は本間摂津守で、上杉氏とともに鶴子金銀山を経営した。本間氏が越後に国替えとなると、代わって越後から須賀修理が来て在城したという。


















 

五十里(いかり)城(佐和田町五十里城が丘)

 沢根城の東方、「城の下地区」にも城址がある。五十里城と呼ばれている城である。googlemapにも城ヶ丘公園が掲載されているので、場所はすぐに分かる。

 公園の入口は分かりにくいが、本福寺の西側である。入口には公園の案内も出ているのだが、西側からでないと読めないようになっている。城内にある励風館の案内も出ているので、こちらを目印にするのがよいかもしれない。

 城ヶ丘公園は、城内ではなく、城の下に置かれた児童公園である。北側に進んでいって、ここに車を停めて置くことも可能である。


 写真の門の上の比高20mほどの台地の上が城址である。城内はさして広くないが、詩人青野季吉のペンの碑や、鋳造家本間励斎の記念碑、儒学塾であった励風館などがある。城主の平常の居館は台地北側の微高地上であったかと推測され、周囲にはかつての堀が水田となって取り巻いている。

 励風館の背後に道が続いており、これを進んでいくと、1郭東側の切り通しのところに出る。この左手の上が1郭であり、畑となっている。1郭の規模は東西50mほどであり、周囲を切岸加工されており、城郭らしい雰囲気を残している。

 1郭の北側には幅10mほどの堀切があり、その北側が2郭である。2郭は放棄された畑の跡であり、その北側の先端近くを掘り切りで区画されている。1と2の2郭を中心とした城郭であった。


 ここには五十里本間氏がいた。五十里氏は始めは河原田本間氏の配下の村殿であったが、後、天正17年の上杉景勝による佐渡攻めでは沢根本間氏と共に、上杉方の先鋒となり、河原田攻めに参加した。城主として本間伊予守高安という者の名が伝えられている。











城の南側下の腰曲輪に設置されている励風館。 そこから堀切を抜けて1郭側面部に出ることができる。
1郭北側の堀切。幅10mほどもある大きなものである。 1郭内部。一面の畑となっている。












五十里西野城(佐和田町沢根字西野)

 五十里西城は、五十里城のすぐ北側の台地である。五十里城と一体化した城であったと思われる。














  

羽二生城(佐和田町羽生字城の山)

 沢根城の南、羽二生の集落の南部の比高20mほどの海に臨む台地上にあった。100m×150m中心の郭の北側を空堀が区画し、その北に方40mほどの郭がある。台地の北側は水田となっているが、これがかつての泥田堀の跡であると思われる。写真がその堀跡と思われるところで、一段低い水田の向こう側には高さ1m余りの土手となって郭が見える。

 郭内は民家の敷地となっている。西側には城主の菩提寺であった曼荼羅寺がある。

 沢根本間氏配下の土豪の城で、沢根城の南側を守り、二見半島に続く街道を押さえるための城であったのであろう。  
 




















 

 





















大竹屋旅館