外海府の城

*参考資料  『新潟県中世城館等分布調査報告書』 『日本城郭体系』

*外海府地区は、大佐渡の北西側に位置しており、平野部が少なく、険しい海岸段丘が海辺近くまで迫ってきているため、要害性には事欠かない。田畑が少ないので、多くが漁村であった。現在は海岸沿いに道が付いているが、昔は村と村との行き来を船によって行っていたという。それぞれの村はまさに陸の孤島であった。ここには戦国時代、石花将監がおり、河原田本間氏の配下となって、海府地区を掌握していた。

石花(いしげ)城(相川町石花字城之腰)

*図の作成に際しては『新潟県中世城館等分布調査報告書』の図を参考にしたが、その図のような地形は現在ではすっかり見られなくなってしまっている。台地上はすっかり耕地整理されてしまっているのである。古い航空写真なども見てみたが、旧状を確認することはできなかった。

 現地で伺ったところ、堀切で区画された先端の1が城址であるという。たしかに、ここにはまとまった区画があり、土塁も残されていたが、これだけではあまりに規模が小さすぎる。台地先端部の2とその周辺も郭であったものと思われる。

 内陸部にAの微高地があり、これも城域内であったかと想像したのであるが、現地の人からはそのような話を伺うことはできなかった。いずれにしても石花氏は22か村を支配した、海府地方で最大の勢力者であったので、城もかなり大きなものであったはずである。

 石花城は「石花北」のバス停のすぐ東側の比高40mほどの海岸段丘上にあった。この上は大規模な耕地整理が行われた模様で、現状では写真の通り、一面の水田地帯となってしまっている。中央部のややこんもりしたところが城の名残であるのかもしれないが、他にこれといって遺構らしきものは目に入らない。


 石花城は、吉井殿の代官石花殿の城であった。吉井殿は代官飛木惣右衛門にこの地を与え、彼が石花氏を名乗るようになったという(『佐渡古代記』)。外海府地方の大半はこの石花氏の勢力圏であった。

 石花氏は、海岸段丘先端部に郭、土塁、空堀によって区画された城を築いた。石花氏は戦国末期には藍原氏から独立し、雑田本間氏に属していたと考えられている。石花の海岸に臨む比高58mの台地上の立地で、先端近くの兵五郎畑と呼ばれている畑地が主郭、その隣にもう一郭、さらに台地下に向かって数段の腰曲輪があったと言われる。







南側から遠望する石花城。海に臨む断崖上に築かれている。 台地上から水が滝のように流れ落ちていた。水源の苦労はなかったようである。
台地上の水田地帯。前方の微高地Aの辺りまでが城域であったのではないだろうか。 道路となっている堀切を挟んで1郭を遠望したところ。
1郭内部。堀切側には土塁も盛られている。


大倉城(相川町大倉字城の平)

 石花氏に属した土豪梶原氏の城。この梶原氏は梶原源太の子孫といい、江戸時代に梶原家は本陣も勤めたという。現在も梶原家の所有となっている。

 外海府北部の大倉走りと呼ばれる海岸上の岬の上の立地である。この岬の標高は高く、比高100mほどの切り立った崖上である。三崎の突端部の一郭と空堀を隔てた二郭からなり、城址は畑地となっている。

 写真の大倉トンネルの真上が城址である。















小川城(相川町上小川)  

 石花氏の配下の小川殿の城であった。小川集落の背後の台地上であったらしいが、場所がよく分からない。「島ん城」と呼ばれている地で古井戸があったという。




北狄(えびす)城(鎌倉どん・相川町北狄字城の上)

 尖閣湾で有名な揚島遊園のすぐ東南にある標高50mほどの台地上にある。金泉中学校のすぐ南側である。台地上には「屋敷」「鉄砲塚」といった小字名があり、その辺りに数郭が残っている。

 また「鎌倉」といった名も残り、「鎌倉どん」と呼ばれる殿様がいたと言われる。これが鎌倉にどのようなちなみのある人なのかは明らかではないが、石花氏配下の北見氏あるいは斉藤氏、佐藤氏の城であったと思われる。

 金泉中学校近くの段丘上にも居館があったという。



















北片辺城(勘四郎城・相川町北片辺字生浦の上)

 石浜本間氏の家老という土豪生浦(もうら)次郎兵衛あるいは左京の城。

 藻浦岬の南側、屋敷の上の比高30mほどの段丘上に立地しており、石花城の出城的な城であったと思われる。

 台地上の畑地が数段の平坦地となっている。また、前方の細長く突き出た小郭を「新左衛門城」と呼んでいる。















北河内城(田中城・相川町北河内)

*ラフ図の作成に際しては『新潟県中世城館等分布調査報告書』の図を参考にした。

 車道が城内を通過しているようなので、車で台地に上がってみたのだが、どこが城内であるのか、走っているうちに分からなくなってしまった。周囲に土塁を巡らせた単郭の城郭であったようである。

 北河内城は石花城のすぐ北側にあり、石花氏配下の土豪の城と思われる。後尾の海岸線から200mほど内陸部に入った比高50mほどの台地上にある。この上は畑地となっているが、周囲を土塁に囲まれた一郭がある。台地基部との間には空堀もある。

 地元では田中城と呼び、田中氏の城であったという。この山城に他に平城もあったという。





















北田野浦城(相川町北田野浦字城之腰)

 北田野浦海岸近くの高千北小学校の背後の比高95mの断崖上にあるが、この小学校は昭和61年に廃校となっている。西方寺の背後の台地先端と言った方がよいかもしれない。

 石花氏配下の土豪榎坂将監の城であるという。京極殿、掃部殿という二人の殿様の名が伝えられている。「城の鼻」と呼ばれる。先端部に郭が残り、土塁、空堀によって台地基部と区画されている。その背後の広大な平坦地は水田となっている。

















小田(こだ)城(相川町小田)  

 小田というと常陸の名族小田氏を思い出してしまうのだが、それとはかかわりなく「おだ」ではなく、「こだ」と呼ばれている。

 小川地区の南、赤島と呼ばれる岬の背後の標高80mほどの城が平と呼ばれる台地上にあった。台地上は畑となっているらしいが、どこまでが郭なのかは明確ではない。ほぼ自然地形に近い郭があるだけのようだ。台地南側の沢は深く切れ込み竪堀のようになっている。

 小田城は、石花氏配下の土豪中村氏の城ではなかったかと思われる。

 小田郵便局のすぐ南西側にそびえる山上である。















小泊城(松ヶ崎どん・相川町北狄字小泊城の上)

 北狄の北側、鷹ノ巣トンネルの上の比高50mほどの台地上が城址である。下に小泊と呼ばれる船着場を持っている。台地先端部の方40mほどの単郭の物見台的な城である。

 台地基部の間には空堀があり、尾根道が続いて、現在水田となっている台地部に続く。

 地元では「松ヶ崎どん」と呼んでいる。石花支配下の土豪、北見氏の城と言われている。 














千本城(相川町高千字千本字城の腰)

 石花氏配下の土豪池田蔵人の城。

 千本鼻岬の南側の比高50mほどの三角形の整った山が「城の腰」と呼ばれているところで、この上に物見台的な小郭がある。

 また、八幡神社背後の台地上にも一郭が認められる。海岸線やタタラ峰を通る峠道を押さえるための城であったと思われる。








































大竹屋旅館