内海府の城

*内海府地区は、大佐渡の南東側に位置しており、平野部が少なく、険しい海岸段丘が海辺近くまで迫ってきているため、要害性には事欠かない。田畑が少ないので、多くが漁村であった。現在は海岸沿いに道が付いているが、昔は村と村との行き来を船によって行っていたという。それぞれの村はまさに陸の孤島であった。

*参考資料  『新潟県中世城館等分布調査報告書』 『日本城郭体系』 『佐渡古城址』 

歌見城(両津市歌見字城山)

 歌見城は「歌見北」のバス停のすぐ北側にそびえる、歌見戴山の先端部、比高50mほどの所にあった。歌見戴山に続く道が城址の南下を通っている。写真の中央下の小さな峰が城址である。

 梅津渋谷氏配下の土豪の城で、きわめて小規模な城である。15m×20mほどの単郭の上に櫓台のような郭がある。海上を見下ろす番城であったと思われる。
















北五十里城(両津市北五十里字上の城) 

 北五十里城は「北五十里」のバス停のすぐ北側にそびえている比高50mほどの山上にあった。

 北五十里神社の由緒によると、羽黒渋谷氏がこの城を築き家臣に守らせたという。また一説では吉住本間氏配下本間新左衛門の城であるともいう。この辺りは渋谷氏と吉住本間氏の入会地であった。上の城、城の内、城の腰、外城等の地名がある。五十里の海岸に臨む比高50mほどの台地上に段階的に2郭がある。この下の比高30mほどの所にある、方50mほどの部分を「下の城」、比高50mほどの所にある、やはり方50mほどの上の部分を「上の城」(そのままだ!)と言っている。また登り口を「城の腰坂」と呼んでいる。
 
 まったくの私事であるが、中学1年生の時の私の担任の先生(当時はまだ新任であった)が、ここ北五十里の出身であった。今でも北五十里と聞くと、山本哲雄先生のことを思い出すのであった。














玉崎城(両津市玉崎字城の平) 

 玉崎城は、「坊が崎」のバス停のすぐ北側にそびえる、比高50mほどの山上にあった。すぐ南側には、玉川、坊ヶ浦川に囲まれた小扇状地がある。

 梅津渋谷氏配下の土豪の城であったと思われる。玉前の海岸に臨む比高50mほどの台地上が城址で、かつてここに梯郭式に5郭ほどが認められたという。

 昭和57年に土地整備事業によってかなりの部分が改変され消滅したが、城の平、道正田などの地名があった。「道正田」は吉住本間氏の初代の名と言われる。















鷲崎城(両津市鷲崎字矢崎) 

 鷲崎城は、佐渡最北端の地鷲崎にあり、佐渡の最北端の城になる。内海府小学校の東北500mほどの所の海に突きだした台地上で、典型的な海城の地形である。すぐ北側には弾崎(はじきざき)が見える。

 戦国末期、羽黒渋谷氏の出城があったという。「佐渡古実略記」によると、この地は羽黒渋谷氏と吉住本間氏との入会地であったらしい。この両者の子孫が近世になっても、勢力を二分していたといわれる。 海抜50mほどの矢崎の岬の先端部分が城址。また城址の南側に合楽城という地名が残っている。この合楽城が、鷲崎城の一部なのか、あるいはもう1つの入り会い名主の居城であったのかはっきりしない。

 40×80mほどの単郭で、台地との基部は空堀によって区画されている。  































大竹屋旅館