新穂村の城址

 *ここでは、県指定史跡になっている青木城、北方城以外の城について紹介する。新穂村は村殿の居館と思われる平城がとても多くあるところである。旧村ごとに1つの平城がある。数百mごとに1つの城址に当たるといった感じである。それは、この地帯が早くから開けており、それぞれに村殿が成立しており、いざというときにはこの城に村人が立て籠もるという仕組みになっていたことを示している。この村殿たちも、室町後期になると、徐々に本間氏の支配下に置かれ、家臣団に組み込まれていくことになる。

*参考資料  『新潟県中世城館等分布調査報告書』 『日本城郭体系』 『佐渡古城址』  

 

大野城(新穂村大野字外城) 

 日蓮で有名な根本寺の東方1kmほどの所に城栄山慈恩寺という寺院がある。ここが大野城の跡といわれているところである。城栄山という名称からも分かる通り、ここにはかつて大野殿の城があった。

 寺域は50m四方ほどの狭いものだが、周囲には低い土塁や、堀の跡と思われる窪みがある。

 近所のおばあさんに伺ったところ、「周囲を囲む杉林がそのまま堀の跡となっている」ということであった。ただし、現在ではその痕跡もわかりにくくなっている。

 地名としては、城戸、城ノ下、壕、外城といった名が残っている。ここは戦国期の大野殿、本間十郎高納の居館ではないかと思われるが、『新穂村史』では、この近辺が「郷平」と呼ばれる地域であることから、古代大野郷の郷司の役所があった所ではないかと言っている。

 大野にはもう1カ所、城跡があるので、大野殿の居館はそちらであった可能性もある。












大野館(新穂村大野) 

 

 佐渡農業高校のすぐ北側に、熊野神社がある。県の史跡になっている能舞台で有名な神社であるが、この神社のすぐ脇に中世の居館の跡がある。写真を見ればすぐ分かるように、はっきりと堀の跡が残っている。

 城主等については明らかではない。ただし、大野城の項で述べたように、大野殿の居館が慈恩寺のある位置ではないとしたら、こここそが、大野殿の居館の跡ではないかとも考えられる。













潟上城(新穂村潟上字城の上) 


 潟上城は、両津市と新穂村の境界付近にある。両津から新穂にはいるとき「ちょうせん坂」(長禅寺坂)と呼ばれる坂がある。昔、自転車で両津に行くと、帰りにこの坂で苦労したものだが、この坂の東北の脇にある比高20mほどの台地上に潟上城がある。

 台地の北側には牛尾神社、東北には潟上温泉、県道を挟んで北西には城主の菩提寺である湖鏡庵がある。また城の南には世尊院がある。

 城は両脇を自然谷で守り、台地続きの部分に2本の空堀を掘り、二郭を配している。大きな土塁なども残っているというがどれがそうなのか、よく分からない。

 潟上は中世前期までは久知郷の一部であり、古文書によると雑田本間氏の一族頼秀が潟上を領有していたことが分かる。(久知長安寺文書)しかし、戦国期になると、葉梨氏という豪族がこの地の支配者として勢力をもたげてくる。加茂湖に連なる豊かな扇状地と潟上の銀山を支配することによって、葉梨氏は大きな勢力を持つことになる。

 葉梨氏はやがて、本間氏に組み入れられ、本間の姓をもらい、潟上殿と呼ばれるようになる。天正17年の、上杉景勝の佐渡攻めの際には、潟上殿は、沢根殿と共に、上杉方に協力した。そのため、本間氏滅亡後も、沢根殿と潟上殿は上杉家の家臣団に組み込まれ、沢根氏、潟上氏を名乗るようになった。

 現在も米沢には潟上氏の子孫がいると言うことである。

 写真は、一段下の腰曲輪を見た所である。













潟上古城(新穂村潟上) 

  「佐渡風土記」にも記載のある古城間歩と呼ばれる銀山の坑口がある。銀山支配のため、旧潟上城があったところであろうと推測される。




 

上新穂城(新穂村上新穂字城の下) 

 上新穂城は、神宮寺の東南、新穂ダムの脇にある。下新穂城にいた新穂殿(本間和泉守)の戦闘用の詰めの城であったと言われている。戦国時代になると、平地の居館だけでは不安なのか、山岳地帯に詰めの城を置くケースが増えてくるが、上新穂城もその1つである。

 城址には中央に本丸、貞有城跡、東に延命城、西に倉庫跡、北に少し離れて出城がある。各郭の間には空堀が掘られている。












下新穂城(新穂村下新穂)

 下新穂城は青木城、北方城などと共に県指定史跡に認定されており、佐渡の平地の平城を代表する城址である。単郭であるが、方100mほどの郭の周囲を、湧水点を持った幅15mほどの堀が取り巻いている。

 このような平城が、旧態のまま保存されている例は全国的に見ても少なく、貴重な遺跡である。下新穂城は、新穂に多い村殿の城であり、いざというときには村人たちを郭内に避難させるという機能を持っていた。

 また、戦国期になると、戦闘用の山城を築いている。北方城、青木城など、新穂の村殿の城は、最終的に戦闘用の山城を併せ持ったものが多い。

 郭の周囲にあった土塁は取り払われてしまっているが、堀は現在も蓮畑となってよく残っている。

 写真は東側の堀である。













 堀を西側から見た所。

















竹井城(新穂村竹井字丸城)

 竹井城も、村殿の居館の1つで、水堀を巡らせた単郭の居館であったという。ただし、近世になってこの地に竹井堰という大きな池が造られてしまったために、遺構は消滅してしまったものと思われる。

 竹井の集落の脇には堀の痕跡を思わせるような部分もあるが、遺構であるのかどうかはっきりしない。地名としては、丸城、北堀、堀城、東堀、本堀、仲堀、屋敷、小門などといった名が残る。

 城主は竹井本間氏であり、古文書も多く残されている。竹井殿の子孫夷本間家に残る譲状によると「合戦の時は一味同心し城内に子供を籠める」旨記載されているという。







 

東光院館(新穂村長畝)

 佐渡トキ保護センター入口のすぐ西側に東光院があるが、写真のような一段低い水田があり、その先の寺院境内はちょっとした土手の上になっている。見たところ、いかにもこれは水堀の跡のように見え、中世に居館が営まれていた跡と思われる。寺院防衛のために堀が掘られたものなのかもしれない。


















蛭ヶ河内城(北方山城・新穂村大野蛭ヶ河内) 

 

 蛭ヶ河内城は、北方城の詰めの城である。沢を挟んで城址の南側には写真の清水寺がある。京都の清水寺を模した寺院で、清水の舞台をミニチュアにしたような舞台もある。石段と、大きな杉林と、苔が多く生えた瀟洒な寺である。

 その北側の蛭ヶ河内城は比高60mほどの山塊の中である。蛭が多いと言うことで、このような地名が付けられたと言うことである。

 上新穂城の項で述べたとおり、戦国期になると、防御の必要性から詰めの山城が多く造られた。北方村の大屋清左衛門の元禄2年の書き上げによると、蛭ヶ河内城は弘治2年5月下旬から工事が始まり、9月には完成したとある。

 この山城には、もう1つ伝承がある。この城は水の便が悪く、籠城したときには水に困ることがあった。上杉景勝の佐渡攻めで籠城したときも、水を止められて苦戦したが、城中では、白米で馬を洗い、水があるかのように見せかけたという。こうした白米伝説は全国にあるが、それが真実であったかどうかは疑わしい。景勝の佐渡攻めでも、こうした地方の1城での籠城戦はなかったものと考えられている。







 

舟代城(新穂村船下字城ノ内)

 舟代城は、大野川のすぐ南側にある。現在宅地や水田になっていて城址の形は明確ではないが、ところどころに幅10mほどの堀の痕跡を残している部分がある。船代あるいは舟下と言った地名からすると、この地域はかつて大野川を利用した水運の拠点として存在していた可能性がある。

 近くの舟城寺の縁起によると、河原田本間氏の家臣で石田郷の梶原源左衛門という人物が、養子の松寿丸に河原田本間氏の娘をそわせて、本間源輔春道と名乗らせた。春道は舟代、下村、片辺の3か村をもらい、舟代に居城した。彼が後に母親の菩提のために建立したのが舟城寺であるという。

 これによると、舟代城の城主は河原田本間氏の一族であると言うことになる。しかし、現在城ノ内の地を持っているのは土屋源左衛門家である。かつて新穂村の地頭であった、土屋氏系の城であった可能性も否定しきれない。

 なお、城址の脇に墓があり、この墓地の一角にかつての殿様の墓であると言い伝えられている墓がある。自然石を用いた小さなもので、本間氏のものか、土屋氏のものかも知ることもできない。

 この墓を管理しているのは近藤家である。この近藤家は城主の家臣の子孫であったのかもしれない。ちなみに近藤家の娘は私の高校時代の同級生で、今回も彼女に案内してもらった。多謝多謝。













皆川城(新穂村皆川字城ノ内)

 皆川は金井町、畑野町との境界にある集落である。周囲はすべて見渡す限り水田地帯というところ。ここにも皆川殿とよばれる村殿がいた。平地の居館であったという。

 皆川と竹の花との境界付近に白山神社という神社がある。この神社の付近に城址があったらしいが、宅地化か耕地整理によって埋められてしまったものか、ざっとみたところ遺構らしきものを認めることはできない。

 この白山神社の脇の家には大きな犬が2匹いて、これがきゃんきゃんとうるさい。城址巡りで犬のうるささに辟易することが多いが、佐渡でもうるさい犬がいるものよ、と思った次第であった。